出版物に携わるお仕事ならDTP~最適な求人を探そう~

女性

都会で働くという選択

仕事

都会で働きたい人には東京での住み込みの仕事がお勧めです。起業で用意した寮などに入居するので、住宅費が安く済むのが魅力です。また、さまざまな地方出身者の人たちとの交流や、東京での生活など、多くの刺激と発見や出会いがあり、人生を豊かにしてくれるでしょう。

もっと知ろう

出版業界で必須のスキル

資格が無くても転職は可能です。タクシーは寮がついている会社も多いので、安心して働けるんです。無料相談に乗ってもらいましょう。

出版もデジタル化の時代

仕事

現在、出版産業は大きな過渡期にあります。それはデジタルテクノロジーの発達に伴うもので、その影響は編集から印刷、流通など出版物の製作・販売に係るすべての分野に及んでいます。 そんな中、現在の出版業界で最重要キーワードとなっているのが、DTPです。DTPとはDeskTop Publishingの略で、直訳すれば卓上出版となりますが、簡単に言えば印刷作業に欠かせない版下の製作をすべてコンピュータ上で行うことをいいます。 版下とは雑誌や書籍、新聞、パンフレットなどおよそあらゆる出版物を製作する際の基礎となるもので、判型や誌(紙)面のレイアウト、文字の大きさ、色使いなどを指定した最終完成版の原稿です。DTPでは、専用ソフトを使ってこの指定作業を行います。

技術とセンスが問われる

現在、出版関連の求人市場においてはこのDTPに関わる職種の求人が増加しています。それは冒頭に述べたごとく出版業界がアナログからデジタルへの移行期を迎えているからで、新規にDTPを導入する企業等が増えてきているからです。 また、すでに導入済の企業等にあっても規模が大きければ複数のDTPオペレーターが必要になるため、求人数は常に高水準となっています。 DTPの仕事をするのに特別な資格等は必要ありませんが、当然のことながら主なDTPソフトの操作に熟練している必要があります。同時に、直感的なデザインセンスなども求められます。そこで最近ではDTP作業について学べる専門学校などが人気を呼んでおり、基礎的な知識や技能を身につけてから求人に応募するケースが目立っています。

タクシー乗務員の予備知識も豊富に掲載されています。求人応募の前に、目を通しておけば、面接対策やその後の仕事で大いに活かせます。

転職先としても人気です

仕事

現在タクシードライバーに転職する人が増えつつあります。タクシードライバーの求人には学歴や特殊な技能を必要とせず、車の免許証さえ持っていれば就職が可能という点が人気を呼んでいます。給料は固定給と歩合制になっているため、収入が安定しないなどの問題点があります。

もっと知ろう

一つの製品ができるまで

男性

軽作業を行っているのは、その大半が工場になります。この工場の求人は、軽作業だけで求人を行っている会社も多くありますから、その作業の拘束時間や交代制の有無などをよく調べてから、応募するようにしましょう。

もっと知ろう